コンテンツ

新世代のオンラインチャットツール「Spatial Chat」を徹底的に解説

こんにちは!WakWorkの矢田です!

昨今は、コロナ影響でオンライン化がどんどん進んでいますね。

会社やイベントでzoomを使い始めた!という方も多いのではないでしょうか。

 

そんな中、新世代オンラインチャットツール「Spatial Chat(スペーシャルチャット)」が巷で話題となっています。

その名の通り、宇宙空間でチャットをしているような、新感覚のツールです。

まだリリースされて日が浅いせいか、使い方についての記事も少ないようです。

 

そこで、今日は、実際にSpatial Chatを使ってみて感じた「価値」についてご紹介します!

(特にzoomとの違いに着目して、お伝えします!)

 

自分の「宇宙」を作ることができる

 

 

Spatial Chatで自身のスペースを作成し、そこに入ります。

すると、何もない宇宙空間の中に、ポツンと自身のアイコンだけが現れます。

そのアイコンをドラッグすることで、宇宙空間を自在に動くことができます。

 

zoomは機能面に特化しているせいか、無駄が少なくスマートなデザインですが、

Spatial Chatはどこか幻想的で、ずっとその空間にいても苦ではないような魅力がありました。

 

また、リンクを他の人に共有すれば、その空間に招待することができます。

 

余談ですが、あるとき、リンクを共有したことを忘れたまま、スペースに残っていたところ、

いきなり友人が近くに来てびっくりしました。

まるで自分の部屋に勝手に入られたような、とても新鮮な感覚を覚えました。

それだけ自分にとってもSpatial Chatは居心地が良かったのかもしれません。

 

近くにいる人の声だけを聞くことができる

 

先ほども書いたように、スペース内は自由に動くことが可能です。

そして、面白いのが、「自身のアイコンの近くにいる人の声だけが聞こえる」ということです。

 

これまでのzoomのイベントの場合、大人数だと一斉に話すことが難しいので、

ブレイクアウトセッション機能で主催者が割当を決めて、少人数で話すことが多かったと思います。

 

しかし、Spatial Chatは、「話したい」もしくは「話を聞きたい」人の近くに、参加者が自由に動くことができます。

極端なことを言えば、「面白くない」人がいたらその場は去って、「面白い」人の近くに行くことも可能なのです。

このように、参加者側に主導権があるのが非常に特徴的で、珍しい機能だと感じました。

 

YouTubeを貼り付けられる

これが一番驚いたのですが、なんとスペース上にYouTubeを貼りつけ、まるでテレビを見るかのように、他の人と一緒に見ることができるのです。

加えて、いくつもYouTubeを貼ることができるので、一方では情報番組、他方ではアニメなど、全く違った種類の動画を同時に流すことが可能です。

しかも、これも自身の近くにある動画のみの音声が聞こえます。

 

これは勝手な妄想ですが、

何種類かYouTubeを貼り付けておき、興味のあるものを自由に見るようなイベントにしておくと、

個人の興味・関心がわかったり、動画を見ながら雑談したりして盛り上がることもできるのでは、と思いました。

 

 

まとめ

これまで、Spatial Chatを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

オンラインでは、どうしてもタスク中心の会話になり、雑談など遊びのコミュニケーションが難しいと感じる方も多いと思いますが、

Spatial Chatは「幻想的」でありながら「ホーム」のような安心感があり、あえて「余白を作る」ことが得意なツールだと感じました。

 

オンライン疲れや、遊びを足りていない人ほど、オススメのツールだと思います。

ぜひ一度、皆さんも使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

Spatial Chatのリンクはこちら

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

WakWorkに参加したい人を募集中!

① WakWorkのイベントに参加したい会社員の方

② WakWorkとコラボしたい大手企業有志団体の方

③ WakWorkと一緒に業務を進めたい経営者の方

  

 一緒にワクワクできる機会を心待ちにしております!

 

お問い合わせはこちらから

コメントを残す

*