WakWork立ち上げの想い(代表より)

私は大手企業で働く、ごく普通の会社員です。

子供の頃から、「仕事=楽しくないもの、我慢するもの」と思っていました。

人生って楽しむためにあるはずなのに。

 

いつの間にか、仕事のための人生になりかけている疑問。

色々と模索するも具体的な方法がわからない。

周りに同志も、頼れる人もおらず、毎日ウズウズしながら過ごしていました。

そんな中で2年半前、会社員から起業した人と出会ったことをきっかけに、ようやく一歩を踏み出せました。

 

このときに感じたことは

  • 「俺でもできるかも」と思える成功事例を知ること
  • 「一緒に頑張ろう」と言い合える同志(仲間)と繋がること
  • 「そのアイデアいいよ」などの応援と後押し

があれば、誰もが気軽に挑戦できるんだと感じました。

逆を言えば、1年近くそのような機会に恵まれませんでした。

 

僕は安定も捨てられない人間だったので、会社員を続けながら

  • オンラインでパーソナルトレーナー

に挑戦しました。

 

成功するまでの過程で色んな失敗もしましたが、しっかりと対価を頂けるように。

「はたらくって本当はめっちゃ楽しいことなんだ」

「自己実現や自己承認を実感できる、人生を楽しく豊かにできる手段なんだ」

と価値観が変わりました。

 

そして、何より自分に自信がつきました。

気づけば本業も楽しくなり、成果もぐんぐんと伸びていきました。

 

今では会社員として本業に加えて、

  • 社内の起業チャレンジ(AI恋愛マッチングサービス化)への参画
  • 仲間と会社を設立し、大学生と企業を結ぶ就職支援の事業/地域活性化のイベント事業を実施
  • 転職・複業のキャリアアドバイザー/企業の人材戦略のコンサルタント

などをやっています。

 

何となく毎日を働いている。

お金のためだけに働いている。

昔の僕のような人に、何かのきっかけを提供したいです。

 

1人でも多くの人が仕事、人生のキャリアに対して目標をもちながら、

毎日ワクワクしながら働ければ、日本はもっと盛り上がると思っています。

1人では到底無理な話しでも、もっと多くの同志や仲間が集まれば景色は変わるかもしれない。

そんな希望と想いを持って立ち上げました。

 

私の経験だけでなく、私よりももっと経験値の髙い人達の協力のもとで、

ウズウズしていた過去の私のような会社員の方が挑戦し、変わっていく。

ワクワク働く会社員が連鎖し増えていく。

そんなきっかけとなる場をつくりたいと考え立ち上げました。

 

◎山口が想うワクワク働くコツ

=活躍による他者からの承認(個々人がもつ才能×最適な役割の合致)

+気軽に挑戦できる機会(仲間と繋がる×応援とサポート×成功事例を知る)

 

WakWork立ち上げまでのストーリーはこちら↓

ぼくは大人になりたくなかった会社員/山口 嘉竜の人生ストーリー

WakWorkに参加したい人を募集中!

・WakWorkのイベントに参加してみたい方
・WakWorkとコラボしたい大手企業有志団体の方
・WakWorkと一緒に仕事がしたい経営者の方

一緒にお仕事できる機会をお待ちしております!

お問い合わせはこちらから